サンドウィッチマンが地元・宮城でお手伝い!伊達は、母校の中学生のお悩みに…

©株式会社フジテレビジョン

3月9日(月)~13日(金)放送のフジテレビ『バイキング』では、年に一度の特別企画「坂上忍の東北お手伝い旅」が放送。

番組MCの坂上忍が、東日本大震災で被災した東北各地を旅しながら、地元の方々と触れ合い、お手伝いをするこの企画は、今回が4年目。今年は、仙台出身のサンドウィッチマン(伊達みきお、富沢たけし)が特別参戦。一体、どんな出会いと笑いが待ち受けているのか?

今回の舞台は、宮城県。日本三景の一つ、松島では高年齢化と働き手不足に悩む漁港で、坂上が早朝6時からカキの水揚げ~殻むきまでお手伝い。実は「食わず嫌い」が原因で、人生で一度もカキを食べたことのない坂上が、とれたてで鮮度抜群のカキを試食!そのリアクションは一体!?

恐々と?カキの殻むきをお手伝い

松島の遊覧船巡りではサンドウィッチマンが合流!彼らは地元名産品のプレゼンに、一肌脱ごうとするが…。そして、坂上とサンドウィッチマンは、伊達みきおの母校・仙台市立八乙女中学校をサプライズ訪問し、生徒たちのお悩み相談を決行。今ドキの中学生の悩みに、坂上とサンドウィッチマンが出した解決法とは?

そして、東日本大震災が発生したまさにその時、サンドウィッチマンが番組ロケをしていた気仙沼も訪問。名物のフカヒレの加工や日本酒の仕込み、オリジナルラベルの製作をお手伝いする。