首里城火災、消防調査も原因特定に至らず 電気配線の可能性が高いとの見方も

©株式会社沖縄タイムス社

(資料写真)首里城

 昨年10月末に発生した首里城火災で調査を進めてきた那覇市消防局は6日会見し、出火場所や原因の特定はできなかったとの結果を発表した。

 ただ発火要因に関し、当時通電状態にあった正殿北側の分電盤からつながる延長コード含む電気配線の可能性が高いとの見方も示した。