遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

©新華社

遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

5日、瀋陽東駅の東貨場(貨物積み降ろし場)で「中欧班列」にコンテナを積み込むリーチスタッカー。(小型無人機から、瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

 【新華社瀋陽3月6日】中国遼寧省から欧州に向かう「中欧班列」(中国-欧州間の国際定期貨物列車)は新型コロナウイルスによる肺炎の感染を受けて2月3日から9日まで、運行を一時的に停止した。中国鉄路瀋陽局集団と中鉄集装箱(コンテナ)瀋陽分公司は2月中旬以降、貨物やコンテナ、車両などの資源調整を共同で行い、入念な運行再開プランを練り上げた。

 13日の運行再開以降、瀋陽東駅を出発した「中欧班列」は計14便、輸送したコンテナ数は600TEU(20フィートコンテナ換算)となっている。

遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

5日、瀋陽東駅の東貨場(貨物積み降ろし場)でコンテナを運ぶ準備をするリーチスタッカー。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

5日、瀋陽東駅の東貨場(貨物積み降ろし場)でコンテナを運ぶ準備をするリーチスタッカー。(小型無人機から、瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

5日、瀋陽東駅の東貨場(貨物積み降ろし場)で「中欧班列」にコンテナを積み込むリーチスタッカー。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

5日、瀋陽東駅の東貨場(貨物積み降ろし場)でコンテナを運搬車から下ろし、「中欧班列」に積み込むリーチスタッカー。(小型無人機から、瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

5日、瀋陽東駅の東貨場(貨物積み降ろし場)でコンテナを運搬車から下ろし、「中欧班列」に積み込むリーチスタッカー。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

5日、瀋陽東駅の東貨場(貨物積み降ろし場)でコンテナを運搬車から下ろし、「中欧班列」に積み込むリーチスタッカー。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)

遼寧省発の「中欧班列」、再開後の運行順調

5日、瀋陽東駅の東貨場(貨物積み降ろし場)で「中欧班列」のコンテナ積み荷状況を確認するスタッフ。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)