横断歩道渡る82歳男性死亡 車にはねられ胸など強く打つ 現場は信号機付きの六差路交差点/上尾

©株式会社埼玉新聞社

上尾署=埼玉県上尾市本町

 5日午後6時5分ごろ、埼玉県上尾市本町5丁目の市道で、徒歩の近くに住む無職難波藤吉さん(82)がワゴン車にはねられた。難波さんは胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。上尾署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、ワゴン車の上尾市中分、会社員(64)を現行犯逮捕。容疑を同致死に切り替えて事故原因を調べている。

 同署によると、現場は信号機付きの六差路交差点。ワゴン車が伊奈町方面から川越市方面に進行中、右方から横断歩道を渡っていた難波さんをはねたという。会社員は「運転中に右から来た歩行者とぶつかってしまった」と容疑を認めているという。