「鈍色の箱の中で」静かに強烈な女性・河野綾芽を演じる筧美和子が意識した”壁”とは!? 複雑な人間関係の中で感じた共通点も語る!

©株式会社東京ニュース通信社

「鈍色の箱の中で」静かに強烈な女性・河野綾芽を演じる筧美和子が意識した”壁”とは!? 複雑な人間関係の中で感じた共通点も語る!

同じマンションに住む幼なじみの高校生たちと一人の女性が織り成す、切なく危険な偏愛ラブストーリーを描く「鈍色の箱の中で」(テレビ朝日ほか)。話題沸騰の本作は、今夜の放送でいよいよ後半戦の開始を告げる第5話を迎えます。

マンションのエントランスで突然倒れた高鳥あおい(岡本夏美)は、そのまま救急車で病院へと運ばれると、なんと妊娠が発覚。庄司悟(望月歩)は、原因をつくったであろう真田利津(神尾楓珠)を追及するも、利津は「終わった話だ」とそっけなくその場を立ち去るのみ。あおいを傷つけられた悟も「あいつを責める資格なんてない」と肩を落とし、辻内基秋(萩原利久)は黙って悟に寄り添うことしかできず…。目を覚ましたあおいは「利津のことが好きだ」と言いながら、何も気付かなかった桜井美羽(久保田紗友)を責め、突き放します。マンションに戻った美羽と基秋の前には、河野綾芽(筧美和子)が現れ、「彼氏を借りる」と基秋を集会場に連れ込んで…。

そんなクライマックスに向けて加速する第5話放送直前! インターネットTVガイドでは、基秋が幼い頃から思いを寄せてきた、バイオリンのお姉さんこと綾芽を演じる筧さんにインタビュー。強烈なキャラクターを演じる上での苦悩や、メーンキャラクターたちへの共感、筧さんが出演されていた「テラスハウス」(フジテレビ系)との対比など、盛りだくさんでお届けします!

──まずは綾芽を演じられての感想をお願いします。

「静かに強烈な人ですよね。トーンとかテンションは落ち着きつつも、やっていることは激しくて…。演じていて新鮮なキャラクターでした。面白かったです」

──強烈という言葉も出ましたが、何を考えているのか分からない不気味なキャラクターですよね。演じる上で特別に意識したことなどはありましたか?

「高校生の子たちとの間の“壁”は意識しました。監督からは、眼鏡をかけているからか、行動や気持ちにフィルターがかかっている感じがすると言っていただいて。奥に隠している思いというか、接し方は工夫しましたね」

──絶妙な立ち位置で、見ていて引き込まれています。ちなみに筧さんご自身の中で、綾芽との共通点があれば教えてください。

「基秋に迫っていくシーンなどは、元々優しかったはずの人の豹変ぶりに、自分自身でも演じていて戸惑いました。でも、綾芽の背景を知っていくうちに、いろんな経験をして傷ついて…心に大きな穴が空いてしまった人なんだと知って。そんな本意ではない、突発的な思いから行動してしまうことは、私自身も経験があるなと…。初めから理解できたというよりは、少しずつ共感に変わっていった感じです」

──なるほど、理性だけで人間は生きられないですもんね。そんな部分も感じながら演じられていたんですね。綾芽以外にも共感できるキャラクターはいましたか?

「それぞれがいろんな面を持っていて、一言で表せないキャラクターたちが魅力的ですよね。最初に台本を読んだ時は、美羽ちゃんが初々しくて、懐かしさを感じる部分があったんですけど、読み進めていくと基秋の気持ちも分かって…。本当にそれぞれに共感できる部分があるので、1人を選ぶのは難しいですね」

──本当に魅力的なキャラクターが多いですもんね。

「高校時代の私は好きな人を追いかけたいタイプだったので、基秋の綾芽への気持ちは分かる気がします。憧れの人への思いというか。でも、6人それぞれの思いが多面的かつ繊細に描かれているので…やっぱり選べないですね(笑)」

──視聴者の皆さまにも、登場人物と重なる部分を見つけながら楽しんでほしいですね! 続いて今作のタイトル「鈍色」に掛けまして、筧さんご自身は何色でしょう?

「なんですかね…最近はオレンジです(笑)」

──その心は…?

「言葉にするのが難しいんですけど、ワクワクすることが多い最近なので“オレンジ”っていう感じです!」

──やっぱりワクワクすると暖色なイメージになりますもんね! そして、筧さんといえば「テラスハウス」の話題が欠かせないのかなと思うのですが、そちらもシェアハウスでの恋愛模様を赤裸々に映したリアリティーショーでした。

「帰ってきて誰かがいるのと、外で会うのだと全然違う形の恋愛になるんだなと感じていて。今作は『鈍色の箱の中で』ですけど、『テラスハウス』もあの“箱の中”だからこそ気になったりそわそわしていた自分がいたんです。あの頃の自分にとっては箱こそが自分の世界で、全てで。共通する部分を探すのは難しいですけど、やっぱり『ニビハコ』もマンションという箱の中だからこそ描けるものがあるような気がします」

──筧さんご出演の「テラスハウス」の結末は皆さんご存じの通りですが、「ニビハコ」はどうなってしまうのでしょうか? では、最後に視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

「マンションの中で起こる高校生たちと綾芽の人間関係や、複雑に絡み合った恋愛模様は、ほかでは見たことのないような濃厚さになっています。ぜひ皆さま“のぞき見”するような感覚で楽しんでください!」

──ありがとうございました!

【プロフィール】


筧美和子(かけい みわこ)
1994年3月6日生まれ。東京都出身。2013年、フジテレビ系で放送された恋愛リアリティーショー「テラスハウス」への出演で一躍人気を博す。14~19年にはファッション雑誌「JJ」で専属モデルを務めた。ドラマでは「水球ヤンキース」(フジテレビ系)や、「黒服物語」(テレビ朝日系)などに出演。近年では、18年の映画「スマホを落としただけなのに」や、「ゆうべはお楽しみでしたね」(TBS系)などに出演している。

【番組情報】


「鈍色の箱の中で」
テレビ朝日ほか
土曜 深夜3:05~3:35

【プレゼント】


筧美和子のサイン入りポラを2名様にプレゼント!

●応募方法:インターネットTVガイドのTwitter公式アカウント(@internetTVG)をフォローし、下記の投稿をリツイート。
https://twitter.com/internettvg/status/1236125402961047553?s=21
さらに、ツイート内のリンクをクリックし、必要事項を入力してください。

●締め切り:2020年3月30日(月)正午

●発表方法:当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。あらかじめご了承ください。

テレビ朝日担当 I・S
撮影/蓮尾美智子