土俵祭り、力士出席せず

新型コロナで無観客開催の春場所

©一般社団法人共同通信社

大相撲春場所の土俵祭りに出席した日本相撲協会の八角理事長(中央)=7日午前、エディオンアリーナ大阪

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、初の無観客で開催される大相撲春場所の初日前日の7日午前、会場となる大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で土俵祭りがあり、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが15日間の安全を祈願した。

 土俵祭りには通常、横綱白鵬ら三役以上の力士も出席するが、感染リスクを少しでも避けるために見送られた。一般客への公開も控えた。八角理事長の他、審判部の親方衆や行司らが参加した。

 静かな雰囲気の中、最高位の立行司、式守伊之助が祭主を務め、出席者は一様に神妙な面持ちで一連の儀式を見守った。報道陣には入場時に検温が義務付けられた。