レバノンが事実上の債務不履行へ

©一般社団法人共同通信社

 【カイロ共同】中東レバノンからの報道によると、同国政府は7日、9日が支払期限の外貨建て国債12億ドル(約1260億円)の支払いを保留する考えを示した。事実上のデフォルト(債務不履行)になる見通し。