一足早く春スキー楽しむ 魚沼・奥只見丸山スキー場 暖冬少雪で開業前倒し

©株式会社新潟日報社

山頂で雪の感触を楽しむ来場者=8日、魚沼市の奥只見丸山スキー場

 新潟県魚沼市の奥只見丸山スキー場の春スキーシーズンが、暖冬少雪の影響で例年より約2週間早く始まった。8日は家族連れら約520人が訪れ、山頂の大パノラマを眺めながらパウダースノーの感触を楽しんだ。

 運営する奥只見観光によると、8日の積雪は約230センチで例年の半分ほど。春スキーは例年5月上旬までできるが、今季は雪解けが早まることなどが予想されることから、開業を3月7日に前倒しした。

 施設側は、新型コロナウイルス感染症の防止のため、食堂などの消毒や換気、従業員のマスク着用の徹底などに努めている。

 ゲレンデでは、スキーヤーやスノーボーダーらが、伸び伸びとターンを決めていた。新潟市東区の高校2年の女子生徒(17)は「インスタ映えする景色を楽しみながら滑れてよかった」と話した。