【MLB】田中将大、開幕へ上々の仕上がり 4回途中零封、4Kに指揮官「非常に素晴らしい」

©株式会社Creative2

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

オープン戦3度目の登板、1安打無失点でOP戦防御率2.08に

■ヤンキース 1-0 ブレーブス(オープン戦・日本時間9日・タンパ)

 ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、ブレーブスとのオープン戦に先発し、3回2/3を投げてわずか1安打、4つの三振を奪って好投した。

 初回、いきなりロナルド・アクーニャJr.を空振り三振に斬った田中。続くスワンソンに右前安打を許したが、後続を斬って無失点の立ち上がりとした。2回は3人の打者を内野ゴロに打ち取ると、3回も3者凡退に。4回1死からダーノウを見逃し三振に斬ったところでマウンドを降りた。

 4回途中まで投げて、わずか1安打で無失点、4奪三振と好投した田中。1回2死から10打者連続でアウトと安定感のある投球を披露した。オープン戦3度目の登板でも好投し、プレシーズンの防御率は2.08となった。

 MLB公式サイトはアーロン・ブーン監督のコメントを伝え、指揮官は「マサはこの春を通じて非常に素晴らしい。彼は右打者に対して、カッターを非常にうまく投げていた。スプリットについても良かったと、私は感じた。制球力も良かった。彼がここにきて投げ始めてからというもの、非常に素晴らしい状態にある。今日再び好投した」と絶賛していた。(Full-Count編集部)