ディバラ、ルカクとの大型トレードを断った「電話」が男前すぎる

©株式会社コリー

無観客でインテルとのナショナルダービーを戦ったユヴェントス。後半途中から投入されたパウロ・ディバラは天才性をまざまざと見せつける圧巻ゴールを決めてみせた。

また、先日にはこんな神の左も叩き込んでいる(以下動画2分5秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

まさに天才レフティだ…。

そんなディバラだが、昨夏には退団説が浮上。マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムへの移籍が濃厚とされていた。

そうしたなか、『calciomercato.com』が舞台裏の秘話を明かしている。

昨夏、ユーヴェとユナイテッドは合意に達し、ディバラはロメル・ルカクとのトレードがほぼ決まりかけていたそう。

渡英したディバラの代理人はユナイテッドのエド・ウッドワードCEOのオフィスで待機していた。 だが、そこにディバラから一本の電話があり、彼は「金はどうでもいい。自分はここユヴェントスに残りたい」と伝えたという。

ディバラの眼中にはユヴェントスしかなく、大型トレードは決定寸前で破談になったようだ。