【テレビ】”第2の井上尚弥” 堤駿斗、ボクシング五輪目指す姿を情熱大陸が追う=3.15

©株式会社ヨシクラデザイン

「史上最強の高校生ボクサー」だった堤

 2020年3月15日23:00~TBSで放送される情熱大陸で、20歳のボクサー堤駿斗(東洋大)が特集される。

 情熱大陸は、様々なジャンルの人物にスポットを当てその姿を追う人気ドキュメンタリー番組。
 今回は5月にパリで行われる世界最終予選で東京五輪出場枠獲得を目指す堤の姿を追う。

 堤は空手を経て小学5年からボクシングを始め、習志野高校では高校6冠に加え、全日本選手権でも優勝(井上尚弥以来6年ぶりの高校生王者)し第2の井上尚弥と称された。そして日本人として初めてアマチュアボクシング世界ユース選手権(18歳以下の世界大会)で優勝、五輪メダル獲得に最も近い選手と言われる。

 かつて史上最強の高校生ボクサーとも言われ、第2の井上尚弥との呼び声も高い堤。那須川天心とは空手時代から幼なじみで、小学校高学年の頃は、那須川のTEAM TEPPENに所属しキックボクシングの試合に参戦。タイトルマッチも経験した。幼少からの非凡な才能と努力がボクシングで大きく開花。東京五輪に出場を目指す。

「情熱大陸」
2020年3月15日(日)23:00~
TBS