「数百万円の損失」「毎日が不安」頭抱える担当者 ホテル宴会・結婚式場のキャンセル急増 新型コロナで自粛ムード

©株式会社沖縄タイムス社

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、買い物客が少なくなった平和通り=7日、那覇市牧志(下地広也撮影)

 県外の新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛ムードの影響で、沖縄県内各地の結婚式場や宴会場のあるホテルでキャンセルや延期が相次いでいる。例年3月は歓送迎会などで繁忙期を迎えるが、今年は2月下旬ごろから予約の取り消しが急増。担当者は「厳しい。手の打ちようがない」と頭を抱える。

 「毎日が不安」。本島南部の結婚式場の担当者はうなだれた。3月は例年数十件の予約が入るが、今年は4件にまで減少した。直前の中止は本来ならキャンセル料が発生するが、同式場では天災同様に扱い、客には全額は求めていない。数百万円単位の披露宴の中止は売り上げに大きく響く。「補償はあるのだろうか」と心配する。

 那覇市内のホテルも宴会などが2月下旬から4月初旬の予約50件がキャンセルに。3月下旬は音楽イベントを予定するが中止の可能性もある。担当者は「気をもんでいるが、この状況にあらがうこともできない」と嘆く。

 本島中部の宴会場は学生の卒業パーティーなど約30件がキャンセルになり、3月の売り上げは前年比7割減を見込む。本来なら高校生含むアルバイト20人がフル稼働の時期だが、残る予約は小規模でバイトの出番はほぼない。「サービス業には大変厳しい」と嘆く。

 別の結婚式場では3月だけで6割が中止や延期となり数百万円の損失が出た。担当者は「とにかく今は終息を待つしかない」と肩を落とした。

■「3割減」「学生が来てほぼ満室」 カラオケ店は影響分かれる

 政府の専門家会議が新型コロナウイルス感染拡大防止のため出入りを「避ける場所」として挙げたカラオケハウス。県内では来客減の店もあれば「影響なし」とする店もあった。

 那覇市内のカラオケボックスは2月下旬から来客数が減少。スタッフは「金、土の夜は約3割減」と肩を落とす。「3~4時間滞在するグループもいたが、現在は長くても2時間くらい。影響が続くとちょっと困るね」と話した。

 一方、市内の別店舗スタッフは「特に影響ない」と話す。3月の平日の日中は高校の卒業生が多く来店するが、現在は休校措置となった中学生も来ており、ほぼ満室という。「学生たちに『外に出るな』と言っても無理があるのでは」と苦笑いした。

 カラオケ同様、避ける場所に挙げられたライブハウスではイベントを中止したところも。県内のある店舗の責任者は、3月の半分のイベントは延期し、残り半分は検討中とする。「仕方ないとも思うが4月以降も続くと影響は大きくなる」と懸念した。