高嶋ちさ子がコロナで公演中止にボヤキ投稿「失業中の私」のユーモアに共感のツッコミ続々

©株式会社ジェイ・キャスト

バイオリニストの高嶋ちさ子さん(写真・公式サイトより)が7日(2020年3月)にインスタグラムを更新、新型コロナウイルス感染拡大にともない各地でコンサートが中止になっていることについて、「失業中の私」と自虐的に投稿したことが話題になっている。

高嶋さんは3月17日までに予定されていた人気公演「めざましクラシックス」4公演が中止となったほか、3月14、15日の熊本公演も延期となるなど、ほとんどコンサートができない状態に追い込まれている。

「30分演奏5万、トーク10万、説教30万」をメルカリに

7日のインスタでは「失業中の私。」と自虐的につぶやき、「メルカリに載せよっかな。30分トーク10万円 30分演奏5万円 30分説教30万円」と投稿したのだった。

同じ30分でも演奏が5万円、トークが10万円、説教が30万円という価格設定がユーモアにあふれているため、フォロワーからは「演奏が一番安いのが面白い」「説教が一番高いのですね」などとツッコミが続き、高嶋さんの投稿をフォロワーも楽しんで返信しているようだ。

ネット上にはこんな共感の声が広がっている。

「演奏が一番お金にならなくて、説教が一番お金になる。高嶋さん、世の中の価値観をよく知っていると思います。クラッシック音楽で食べるって大変ですものね。人の説教は、飲み屋などにわざわざ高いお金をかけて聞きに行く方は沢山いらっしゃいます」

「演奏30分5万円は安い!頼みたい。この人のストラディバリウスは2億円で買ったらしいし、今はもっと値上がりしている。その音が聴けるなら30分5万円は安い」

「高島さんのコメント力は相当高いと思う。面白くない若手芸人使うより、テレビ受けするしね。きついコメントしても人を傷つける事もなく、面白くおかしくしている所が良いよね」

「高嶋さんはタレントもなさっているから何とかやっていけるだろうけれど、クラシック音楽一本で生活している方は大変なことになっていると思う。名前が知られている彼女がこれをつぶやくことの意義は大きいでしょうね」

「この人は別に生活には困らないんです。ただスタッフに給料払わなきゃいけない。だから働かないと深刻だと思う。松任谷由実さんが以前似たような事を言っていましたね。高嶋さんも社員のために働かないといけない立場だろうから、立場が強い、弱い関係なく、今回のコロナには参っている人たくさんいると思う」

また、最後にこんな声が。

「以前、子供のために仕事をセーブするって言ってたから、子供と存分に向き合うとってもいい機会じゃないですか!」(テレビウォッチ)