入江、並木が五輪決める

ボクシング、女子初

©一般社団法人共同通信社

女子フェザー級準々決勝でフィリピン選手(手前)に判定勝ちし、五輪出場を決めた入江聖奈。五輪のボクシング女子で日本勢初出場となる=アンマン(共同)

 【アンマン共同】ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は9日、アンマンで行われ、女子フェザー級で19歳の入江聖奈(日体大)、同フライ級で21歳の並木月海(自衛隊)がともに準々決勝で判定勝ちし、五輪出場を決めた。2012年ロンドン大会で採用された五輪のボクシング女子で日本勢初出場となる。

 入江は昨年の世界選手権優勝のネスティー・ペテシオ(フィリピン)を4―1の判定で破り、並木はタイ選手に5―0の判定勝ち。

 出場枠5の男子ウエルター級の岡沢セオンは5位決定トーナメントの初戦でタイ選手に4―0で判定勝ち。11日の5位決定戦で勝てば、五輪出場が決まる。

女子フライ級準々決勝 1回、タイ選手(左)を攻める並木月海。判定勝ちで五輪出場を決めた=アンマン(共同)