諫早湾、潮受け堤防の開門認めず

干拓事業で長崎地裁

©一般社団法人共同通信社

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防閉め切りで深刻な漁業被害が生じたとして、長崎県内の漁業者らが国に排水門を開くよう求めた訴訟の判決で、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)は10日、請求を棄却した。

 長崎県内の漁業者による第1陣訴訟は昨年6月、最高裁で「閉門維持」判断が初めて確定し、漁業者が敗訴。第2、3陣訴訟を併合して言い渡された今回の判決も、この判断に沿った形。

 諫早湾干拓を巡っては、佐賀県の漁業者らが起こした別の訴訟で2010年に開門を命じる判決が確定。その判決の無効化を国が求めた訴訟は、最高裁が福岡高裁判決を破棄し、高裁で差し戻し審が始まった。