田中圭&安田顕「らせんの迷宮」に倉科カナ、松坂慶子、渡辺いっけい、中田圭祐が出演

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で4月24日にスタートする、金曜8時のドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」で、主人公の天才遺伝子科学者・神保仁(田中圭)、神保と事件解決のためタッグを組む熱血刑事・安堂源次(安田顕)を取り巻く個性的なキャラクターを演じるレギュラー陣として、倉科カナ、渡辺いっけい、中田圭祐、松坂慶子の出演が決定した。

同ドラマは、「ビッグコミック増刊号」(小学館)で連載された作・夏緑氏、画・菊田洋之氏の漫画「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」が原作。「DNAはうそをつかない」が口癖の遺伝子科学者である神保が、安堂らと共に難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るミステリー。

倉科が演じるのは、警視庁科学捜査研究所の美女・乱原流奈。研究所にいるだけでなく、刑事と共に現場にも臨場する行動派で、プライドは高いが神保のことは研究者として非常に尊敬している。倉科は「原作のキャラクターとは色合いが少し違いますが、新しい乱原流奈を作り、生きていけたらなと思います。脚本以上に新しいものが次々と生まれていくのではないかと思えるキャストの皆さんとご一緒させていただけることが、今から楽しみでなりません」とコメント。

原作にはいないドラマオリジナルキャラクターである警視庁捜査一課課長・栗原四郎役を演じるのが渡辺。警察のメンツを気にし、常に上層部を忖度(そんたく)するが、部下となった安堂の勝手な行動にいつも頭を悩ませている苦労人。渡辺は「僕はヤスケン演じる安堂の上司役。たたき上げで熱い安堂の長所と短所を知り尽くしている設定なので、その空気感をうまく出せたらなと」と役作りについて述べつつ、「きっとヤスケンはググッと役に入り込みますからね、なるべく現場では話しかけないようにしようと思います。久しぶりの共演だから積もる話もあるし話しかけたいけどね、我慢しますっ! そして人気と実力を兼ね備えた圭くんとヤスケン、2人の絡みは…もう現場を見学に行きたいぐらい楽しみです。マジで見学に行こうかなぁ」と、早くも撮影を楽しみにしている様子。

中田が演じるのは、警視庁捜査一課・安堂班の巡査である瓜生夏樹。昔気質の安堂に暑苦しさを感じているが、なんだかんだ結果を出しているので、心の中では全幅の信頼を置いている若者だ。中田は「自身初の実年齢より年上の役なのと、なんと警視庁捜査一課の一員。正直、期待と不安でいっぱいです。現場の空気をしっかり感じて、丁寧に演じていきたいと思いました。瓜生は、事件の詳細や、現場の状況など大事な情報を伝える大切な役だと思いました。そして、主任(安堂)の右腕としての関係性をしっかりと築いていきたいです。僕は、プライベートでも主任みたいなアツい人が大好きなので勢いに負けずしっかりと食らいついていきたいです」と意気込み、「皆さんとは初めて共演させていただくのですが、安田顕さんとは一緒のシーンがたくさんあるので、現場でたくさんコミュニケーションをとりたいです。それとお芝居をしている姿を見て、たくさん勉強させていただきたいです」と、役者としての抱負を明かしている。

そして、松坂はスナック「ゲ呑ム」のママ・馬場ゆかり役に扮(ふん)する。神保に店の上の階にある部屋を間借りさせ、食事などを作ったりと何かと面倒を見たり、良き相談相手でもある。「脚本がとても面白く、引き込まれました。田中圭さんとご一緒にお仕事ができる事も楽しみです。役のイメージを膨らませているところです」と、本作への思いを語った。