坂上忍『アカデミー賞』ブチ壊し! あり得ない“失言”に「クソ萎えた…」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

坂上忍 

(C)まいじつ

3月6日、『第43回 日本アカデミー賞』の授賞式の模様が日本テレビ系で放送された。番組ではスタジオパートでの進行や音声による解説も行われたのだが、そこでナビゲーターを務めた坂上忍が、視聴者から総スカンを食らったようだ。

スタジオでは各部門の受賞発表前に、坂上と水卜麻美アナウンサーが同部門の見どころなどを簡単に解説。最優秀主演男優賞の発表前にも坂上は、「(笑福亭)鶴瓶さんも素晴らしかったですしねぇ 『閉鎖病棟』で」「中井(貴一)さんは『記憶にございません!』で飄々としてましたけれども」など、ノミネート俳優の名演を賛えていった。

しかし、最後には「(松坂)桃李くんとGACKTくん。もうどっちが取ってもおかしくない!」と、まるで受賞がこの2人に絞られているかのようにコメント。この発言は視聴者に〝失礼〟だと捉えられてしまい、ネット上には、

《坂上忍の発言はいいのか?? 5人いるのに「松坂桃李vs GACKT」って他の役者に失礼じゃない?》
《5人候補いるのに「松坂桃李vs GACKT!」って言い切ったのもジャマ過ぎ》
《あれ予想なんですよー当たったら俺スゴいだろ感出すんです。。ウザいですね。。》
《アカデミー賞見てるけどさ、ほんと坂上忍って失礼なこと言うのね》

などの苦言が相次いでいた。

 

「坂上を出すな」の大合唱

さらに、花形である最優秀作品賞の発表でも、坂上は批判を招いてしまう。

アカデミー賞協会の会長代行が「最優秀作品賞は…」と発表に差し掛かろうと間を置いた際、坂上はドラムロールをよそに、「『新聞記者』!?『新聞記者』!?」と自らの予想を絶叫。今年ナンバーワン映画の発表時、息をのむ会場の映像に坂上の声が乗る〝雰囲気ブチ壊し〟の一幕となってしまった。

この暴挙に対し、ネット上では、

《坂上忍が最優秀作品賞発表直前に「新聞記者!!」って言ってクソ萎えたんだが》
《作品賞の前に音声で坂上忍が「新聞記者!」って言ってたのまじて腹立った》
《テレビの前でクイズ番組見てるんじゃないんだからやめて…》
《どの映画が選ばれるんやろ?って思ったら「新聞記者!」って先に言うしさ、台無し》

などと批判が殺到。その他にも、坂上は視聴者からの批判にさらされる言動が目立ち、

《アカデミー賞楽しみなんだけど、坂上忍が嫌いだからツライ》
《日本アカデミー賞は気になるけど坂上忍が嫌いだから見ません。結果はYahooニュースで見るから別にいいや》
《ワイプの坂上忍を消す方法はどこで検索したら見つかりますか?》
《そもそも会場だけで割と良い感じに進行してるのに別スタジオいる?》
《せめて副音声にしてほしい》

など、半ば炎上状態と化すほどの大不評となった。

来年からは、副音声と主音声によるすみ分けを図った方が良さそうだ。