スペイン・リーグでも無観客試合

ドイツや欧州CLも一斉に

©一般社団法人共同通信社

スペイン1部リーグ、バレンシアの本拠地スタジアム=10日(ロイター=共同)

 【バルセロナ共同】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、サッカーのスペイン1、2部リーグの全試合が少なくとも22日まで無観客で行われることが10日、決まった。1部では久保建英(マジョルカ)と乾貴士(エイバル)がプレーしており、13日のレアル・マドリード―エイバルや14日のマジョルカ―バルセロナなどが対象となる。

 スペイン2部では香川真司(サラゴサ)岡崎慎司(ウエスカ)柴崎岳(デポルティボ)の3選手がプレーしている。

 ドイツでも無観客での開催が決定。欧州チャンピオンズリーグも11日のパリ・サンジェルマン(フランス)―ドルトムントなどが観客を入れずに行われる。