ボクシング、入江と並木が決勝へ

東京五輪アジア・オセアニア予選

©一般社団法人共同通信社

女子フェザー級準決勝で判定勝ちし、決勝進出を決めた入江聖奈=アンマン(共同)

 【アンマン共同】ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は10日、アンマンで準決勝が行われ、日本女子初の五輪出場を決めたフェザー級の入江聖奈(日体大)、フライ級の並木月海(自衛隊)がともに11日の決勝に進んだ。

 入江は韓国選手に5―0の判定勝ち。台湾選手と対戦した並木は、試合途中の相手の棄権により勝ち上がった。

 東京五輪で日本女子の開催国枠は2階級。入江、並木が自力で獲得したため、他の3階級は5月の世界最終予選(パリ)で獲得を目指す見込み。