国道294号白河バイパス

©株式会社VOTE FOR

◆2020年代初頭の供用開始を目指しています!
「国道294号白河バイパス」は、中心市街地の活性化・交通の利便性や防災機能の向上・物流の効率化・安全な歩行空間の確保など、県南地域で最も重要とされているバイパスです。県では、平成26年に専属チーム「白河バイパス整備チーム」を発足し、精力的に整備事業を推進してきました。現在、バイパス沿線の風景は加速的に変化し、完成後の姿も見えてきています。今月号では、バイパス沿線の状況や県の事業担当者の思いを紹介します。

◇白河バイパス整備事業に対する思いを教えてください
折れ曲がりの多い形が解消され、市街地の道路交通の安全確保と地域の活性化が期待されます。地域の方に役立つ仕事ができて光栄に思います。
今後のまちづくりに大きな影響を与えるビッグプロジェクトです。この事業に携われることを誇りに思い、仲間と知恵を出し合いながら事業を進めています。
市民やバイパスを利用する方の利便性が向上するように、早期の供用開始を目指して、一生懸命に取り組んでいます。

◇将来の白河バイパスをどのように描いていますか
国道294号は旧奥州街道と呼ばれ、親しまれてきた歴史のある道です。白河バイパスも地域の方から親しまれ、沿線がにぎやかになってほしいと思います。
高速道路に直結し、玄関口となりますので『来訪者をおもてなしできるような道路』になってほしいと思います。

◇現在の進捗状況はいかがですか
地権者のご協力により用地の売買契約もほぼ完了し、これから工事が本格化していきます。

◇今後の事業予定を教えてください
今後は、新たな橋とトンネルの名称を公募します。中心市街地の工事が最盛期を迎えるなど、市内各地で工事が始まります。工事期間中はご不便とご迷惑をお掛けしますが、安全第一で進めてまいります。皆さまのご理解とご協力をお願いします。

問合せ:
・県南建設事務所道路課
【電話】0248-23-1620
・都市計画課(表郷庁舎内)
【内線】2283