<臨時休校>散策してリフレッシュを! 菜の花畑無料開放 いすみの高秀牧場

©株式会社千葉日報社

無料開放されている菜の花畑=いすみ市

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で臨時休校になった子どもたちに開放的な気分を満喫してもらおうと、いすみ市須賀谷の高秀牧場が菜の花畑を無料開放している。ベンチやテーブルもあり、Wi-Fiも提供する。

 菜の花畑の広さは約1.5ヘクタール。市内の障害者らが食用菜花を栽培していた。収穫時期の終わった2日から市内の小中学校の臨時休校が始まり、「子どもたちに家の中だけでなく、屋外でも過ごしてもらおう」と緑肥にする予定を遅らせて無料開放を決めた。

 時間は午前9時~午後5時。保護者同伴で、牛舎内や放牧場への入場は禁止している。希望者にはWi-Fiのパスワードを提供する。菜の花を摘み取る場合は有料で一袋500円。

 牧場の担当者は「畑内を元気に散策してリフレッシュしてもらえれば」と呼び掛けている。