【新型コロナ】ディズニー2パーク休園延長 4月上旬まで、新エリアも

©株式会社千葉日報社

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの休園を知らせる電光掲示板=2月29日午前、浦安市の東京ディズニーランド

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC、浦安市)は11日、新型コロナウイルス拡大に伴うディズニーランドとシーの臨時休園を、従来の15日までから4月上旬までに延長すると発表した。政府のイベント自粛延長要請を受けての措置。4月15日に予定していたディズニーランドの大規模開発エリアの開業も、5月中旬以降に延期する。    OLCによると、TDR内の商業施設「イクスピアリ」の休館も延長する。アンバサダーなどの四つのディズニーホテルは営業を継続する。    OLCは「再開を楽しみにしていた来園者には、理解と協力をお願いする」とした。    両パークは先月29日から休園している。長期休園は、2011年の東日本大震災でランドが34日間、シーが47日間休園して以来。