「ハケンの品格」“オリジナルメンバー” 勝地涼&上地雄輔の出演決定!

©株式会社東京ニュース通信社

4月15日にスタートする篠原涼子主演の日本テレビ系連続ドラマ「ハケンの品格」(水曜午後10:00)に、13年前の“オリジナルメンバー”である小泉孝太郎に加え、勝地涼、上地雄輔の出演が決定した。

同作は、難関資格を多数所有する、時給3000円の最強派遣社員である大前春子(篠原)が、派遣先で活躍する痛快お仕事ドラマ。今作は、食品会社「S&F」の課長・里中賢介(小泉孝太郎)が、春子を呼び戻すところから物語がスタートする。13年前、「S&F」の新入社員であった浅野務(勝地)は、主任に昇進した一方で、思い込みや前のめりゆえの失敗も多い性格は昔と変わらず。同じく13年前、パソコンスキルが高い派遣社員であった近耕作(上地)は、派遣会社「ハケンライフ」の正社員として就職するが、仕事に振り回される日々を過ごしている。

勝地は「前作の撮影中に『パート2やれたらいいね』と話していましたが、まさか13年の時を経て復活するとは思っていませんでしたし、続編をできることは役者にとってとても光栄なことです!」と続編の制作を喜び、「先日上地さんともお会いして、『あの頃は…』など懐かし話で盛り上がりましたが、篠原さんをはじめとするキャストの方々とご一緒させていただくのも久しぶりなので、また皆さんにお会いでるのが楽しみです。13年の時を経て、生活も、働き方も変化してはいますが、時代にブレない大前春子がどのような活躍を見せてスカッとさせてくれるのか、僕も楽しみにしています」と撮影を心待ちにしている。

上地は「13年もの時が経ってのパート2はあまり聞かない話なので、少し不思議な感覚でもありますが、出演者、スタッフの皆さんとまたご一緒できるのはとてもうれしいです。13年前は僕もまだ20代で、足らないところもあったと思うので…、ぜひ今回は皆さんに恩返しできたらと思っています」と抱負を述べ、「僕が演じる近耕作は前作の派遣社員から、派遣元の『ハケンライフ』に就職しています。世の中の環境も変わるタイミングですし、近の働く姿を通して、世間の状況への理解、共感をしていただけるよう精いっぱい演じさせていただきます」と意気込みを語っている。

なお、前作の「ハケンの品格」は動画配信サービス・TVerで無料配信中だ。