無理心中図ったか、文化包丁で83歳の母親の手首切る 容疑で男を逮捕「自分も死のうと思った」/東入間署

©株式会社埼玉新聞社

東入間署=埼玉県ふじみ野市うれし野

 埼玉県の東入間署は11日、殺人未遂の疑いで、三芳町藤久保、自称会社員の男(53)を逮捕した。逮捕容疑は10日午後5時半ごろ、自宅マンションの6畳間で、文化包丁(刃渡り約13センチ)で、無職の母親(83)の右手首1カ所を切り、殺害しようとした疑い。母親は命に別条はなく、手首にけがを負った。

 同署によると、事件後、男が自ら119番。駆け付けた署員に「母親を切り、自分も死のうと思ったができなかった」などと話したため、同署で逮捕した。男は母親と2人暮らし。同署は何らかの疾患を負った母親の介護に絡み、男が無理心中を図った可能性もあるとみて、詳しい動機を調べている。