新種の植物がもたらすのは幸せか恐怖か? 新感覚スリラー映画が誕生

©株式会社近代映画社

カンヌを静かに震撼させた、怪しくも美しきボタニカルスリラー映画『リトル・ジョー』が、2020年6月19日(金)より全国順次ロードショーされることが決定した。

『007』シリーズのQ役でもお馴染みのベン・ウィショーも出演

本作は昨年、第72回カンヌ国際映画祭でエミリー・ビーチャムが女優賞を獲得した話題作。監督はミヒャエル・ハネケの助手を務め、『ルルドの泉で』で注目された気鋭の女性監督ジェシカ・ハウスナー。科学の発展がもたらす利便性によって成り立っている私たちの生活の中で、「絶対にありえない」とは言えない不安をあぶり出す。

「幸せになる香り」を放つ新種の植物リトル・ジョーを開発した研究者のアリスは、息子のジョーと暮らすシングルマザー。ワーカホリックでもある彼女は、きちんとジョーと向き合えていないことに小さな罪悪感を抱きつつ、日々研究に取り組んでいる。ジョーへの贈り物として、彼女にとってもう一人の息子であるリトル・ジョーを一鉢自宅に持ち帰る。しかし、花の香りを嗅いだジョーが奇妙な行動をとるようになり、またリトル・ジョーの花粉を吸い込んだアリスの助手クリスもいつもとは違う様子を見せ始める。姿形は変わらないにも関わらず、何かが少しずつおかしくなっていくその違和感は、果たしてこの植物がもたらしたものなのか…。

主演は、本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞に輝き、エマ・ストーン主演で『101匹わんちゃん』の悪役・クルエラを主人公とした『Cruella(原題)』への出演も決定したエミリー・ビーチャム。アリスの助手クリスを『パフューム ある人殺しの物語』の主演を務め、『007』シリーズのQ役でもお馴染みのベン・ウィショーが演じるのも注目だ。

音楽は、海外の舞台、映画音楽で活躍した日本人作曲家、故・伊藤貞司の楽曲を使用。尺八や和太鼓、琴など和楽器の音色で創り出される危い旋律も必聴となっている。また、本作のもう一つの主役ともいえるリトル・ジョーが30鉢、公開に合わせて日本上陸! 実際の撮影に使われた新種の花の成長については今後、配給会社ツインのTwitterにて随時更新され、公開時にはアップリンクにて初お披露目を予定。

リトル・ジョーが放つ蠱惑的な美しさと、おとぎ話のような耽美な世界観でカンヌ国際映画祭を震撼させたボタニカルスリラーがまもなく日本上陸する。

リトル・ジョー
2020年6月19日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー
配給:ツイン
© COOP99 FILMPRODUKTION GMBH / LITTLE JOE PRODUCTIONS LTD / ESSENTIAL FILMPRODUKTION GMBH / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019