オーバメヤンの後釜候補に浮上している選手たち…

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

今夏の移籍市場でアーセナルを離れる可能性が浮上しているガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン。

先日、同選手は「ここにいることができて本当に嬉しいし、幸せさ」と残留する意思を示していたが、アーセナルは昨季からの損失2700万ポンド(約27億円)程に加え、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権の獲得失敗による800万ポンド(約11億円)の損失を補うためオーバメヤンを売却し、財政面を改善させるとも報じられている。そこで今回は、オーバメヤンの後継者候補に浮上している選手たちを紹介する。


写真提供: Gettyimages

ジョナサン・デイビット

所属:ヘント

ベルギーのヘントで公式戦40試合で23ゴール10アシストを記録しているカナダ代表FWジョナサン・デイビット。20歳という若さもあり、今欧州で注目を集める若手選手だ。

そんなデイビットはセンターフォワードだけでなく、トップ下やサイドもこなすユーティリティ性も兼ね備えており、スピード、テクニック、フィジカルなど高い評価を受けている。そんなデイビットの市場価値は2000万ユーロ(約24億円)と安価で獲得出来る点も魅力的な要因の一つだ。


写真提供: Gettyimages

ケビン・フォラント

所属:バイエル・レバークーゼン

レバークーゼンのドイツ代表FWケビン・フォラント。今季は公式戦31試合で11ゴール9アシストを記録している。

そんなフォラントは以前プレミアリーグについて聞かれ「とても興味深い場所。ペースがとても速く、多くの運動量が必要になる。それは私に適しているとも思う」とプレミア挑戦を希望する発言もしていた。

しかし、アーセナルは来季のチャンピオンズリーグ出場が厳しい状況にあることもあり、交渉は難航することが予想されている。


ドリース・メルテンス 写真提供:Gettyimages

ドリース・メルテンス

所属:ナポリ

今季限りでナポリとの契約が満了を迎えるベルギー代表FWドリース・メルテンス。現在32歳の同選手はキャリアの最後に新しい挑戦を求めているとも伝えられている。

そんなメルテンスだが、インテルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどのクラブからの関心も報じられており、争奪戦になることは確実だ。


写真提供:Gettyimages

リシャルリソン

所属:エバートン

エバートンのブラジル代表FWリシャルリソンもオーバメヤンの後継者候補に浮上している選手のうちの一人。

バルセロナやトッテナム・ホットスパーなどからの関心も報じられている同選手だが、サイドだけでなく中央でもプレーできる同選手はオーバメヤンの代役として理想的な選手だろう。

そんなリシャルリソンだが、12月にエバートンと2024年6月まで契約を延長したばかり。また、今冬の移籍市場ではバルセロナが8500万ポンド(約120億円)のオファーを提示したもののエバートンが拒否。獲得にはかなりの資金が必要になるだろう。


写真提供:Gettyimages

ガブリエル・マルティネッリ

所属:アーセナル

18歳ながら今季公式戦26試合で10ゴール4アシストを記録しているアーセナルのU-23ブラジル代表FWガブリエル・マルティネッリ。

そんなマルティネッリはレアル・マドリードやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドなども注目している期待の新星だ。

経済的にも苦しむアーセナルは同選手がこのままチームの中心メンバーまで成長してくれることが理想の展開だろう。