マラソン服部「思う存分五輪で」

代表4人が会見

©一般社団法人共同通信社

記者会見するマラソン男子代表の服部勇馬=12日、福島県郡山市

 男女マラソンの東京五輪日本代表が12日、福島県郡山市で記者会見し、服部勇馬(トヨタ自動車)は「代表になれてすごくうれしい。内に秘めていたものを五輪の舞台では思う存分、体で表現したい」と抱負を語った。

 昨年9月の代表選考会で男子の中村匠吾(富士通)と服部、女子の前田穂南(天満屋)と鈴木亜由子(日本郵政グループ)が決定。最後の1枠には8日までの指定大会で設定記録を突破し、最も速かった男子の大迫傑(ナイキ)と女子の一山麻緒(ワコール)が入った。日本陸連の瀬古利彦氏は「力を100パーセント出せば、いい結果がついてくる」と期待を語った。中村と大迫は会見を欠席した。