中村ゆりか、神尾楓珠が「ギルティ」に出演。“ドロキュン”ドラマでどんな裏切りを見せるのか!?

©株式会社東京ニュース通信社

4月2日にスタートする、新川優愛主演の日本テレビ系連続ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(木曜午後11:59=読売テレビ制作)に、中村ゆりかと神尾楓珠が出演することが発表された。

同ドラマは、累計発行部数は150万部を突破した丘上あい氏原作の人気コミック「ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~」の実写化。身近な人々から数々の裏切りに遭って幸せを奪われ、許されない純愛に揺れるヒロイン・荻野爽(新川)が、苦悩しながらも強く生きる姿を描く、ドロドロの人間関係とキュンキュンする恋愛が交錯する“ドロキュン”なラブストーリーだ。

今回、中村が演じるのは、爽の年下の友人・及川瑠衣。1年ほど前にバーで爽と出会い意気投合し、爽によく懐いている。ニートの彼氏のことを爽に愚痴ったり、また爽から夫の一真(小池徹平)との関係のことで相談を受けたりと、本音の女子トークをし合える仲だ。しかし、決して爽には話せない秘密を抱えているという役柄。そして、神尾が演じるのは、爽が働く女性誌編集部でアルバイトしている大学生・寺嶋睦月。爽が以前に担当した記事を読んで編集の仕事に興味を持ったと話し、爽のことを慕い何かと気遣ってくれる爽やかな好青年だが、実は爽に対して隠している秘密がある。

「人間不信になるくらい、ひやっとした作品」と語る中村は、「瑠衣の役柄にも衝撃を受けました。不倫、裏切りといった展開と向き合う役柄を演じるのは今回が初めてなので、監督さん、プロデューサーさん、メークさんや衣装さんと瑠衣のキャラクターを繊細に固めていきたいです」と役作りについて明かし、「ストーリーの中で、主人公の爽さんと関連する登場人物の言動にも、一部始終注目して見ていただきたいです」と見どころを話した。

神尾は「ドロドロした話が好きなのですが、ここまでドロドロした話を読んだのは初めてでした。人間の奇麗な部分だけではなく、怖い部分、悪い部分がきちんと描かれていて、『人間ってこうだよな』と考えさせられる作品だと思います」と驚きの展開にも共感できる部分がある様子。「寺嶋は誰にでも人懐っこく、ニコニコしていて、周りに気も使える人間です。これまで自分が演じてきた役は学生役が多く、仕事場で働いている役を演じることがなかったので、この作品で大人になった部分を見せたいと思っています。先輩俳優の皆さんとの共演で、どれくらい寺嶋として存在感を出せるかが楽しみです」と新たな役柄に気合十分。そして「それぞれのキャラクターの立場になったり、登場人物全体の関係性を見たり、いろいろと楽しめる作品だと思うので、ぜひご覧ください」とアピールしている。