新型コロナ法、13日に成立

私権制限、立・国も賛成

©一般社団法人共同通信社

新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案を賛成多数で可決した衆院本会議=12日午後

 新型コロナウイルスの感染拡大に備える新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案は12日午後の衆院本会議で、自民、公明両党に加え、立憲民主、国民民主、日本維新の会、社民各党などの賛成多数で可決、通過した。13日に参院本会議で成立する見通しだ。国民の私権制限につながる「緊急事態宣言」が可能となる。安倍首相は採決に先立ち、福島第1原発事故の際、検察官が市民より先に逃げたと答弁した森法相に厳重注意した。

 改正案は13年施行の特措法の適用対象に、新型コロナ感染症を追加する内容。緊急事態宣言は、感染がまん延し、国民生活に影響を及ぼす恐れがある場合に首相が判断する。