「ボケ、カス、仕事できない」と後輩を暴言指導 パワハラで陸自隊員を戒告処分

©株式会社京都新聞社

 陸上自衛隊大津駐屯地(大津市)は12日、後輩隊員にパワハラ行為をしたとして、同駐屯地第4陸曹教育隊の男性1等陸曹(38)を戒告処分にした、と発表した。

 同駐屯地によると、陸曹は2017年12月~18年4月、自分より階級が下の後輩隊員に「ボケ、カス、仕事できない」などの暴言や威圧的な指導を繰り返し、精神的苦痛を与えた。18年5月、後輩隊員の家族から体調不良になっているとの訴えがあり、発覚したという。