球春訪れず

©株式会社長崎新聞社

 暖かくて明るい春を「陽春」といい、桜の花が咲く頃、一時的に寒くなるのを「花冷え」という。時節の言い表し方は数限りない。スポーツと春を掛け合わせた「球春」という言葉も使われる▲プロ野球のキャンプやオープン戦が始まる頃をそう呼ぶが、選抜高校野球大会が開幕するのを「球春到来」と言う時もある。球春と青春、弾むような響きも似ている▲カキンという春の快音が、今年は甲子園球場から消える。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、選抜大会の中止が決まった。無観客で開く方針だったが、選手の安全を優先させたという▲高校生が躍動する「球春」は訪れない。選抜大会は太平洋戦争の影響で中断したこともあるが、予定されていた大会の中止は初めてで、ウイルス禍の影響の大きさをまたも知る▲本県から出場予定だった創成館の選手の無念を思えば、「仕方ない」とは言いがたい。今春、さまざまな競技の大会が中止された。「悔いのない試合」を目指した若い人が、試合そのものが消えて唇をかむ。やり場のない気持ちでいるに違いない▲野球の選抜大会に出場予定だった学校には、何かの形で甲子園に来てもらうよう対応を検討するという。他の競技でもどこかに「気持ちのやり場」をつくれないか。心の花冷えがいくらかでも緩むよう。(徹)