IMSA、セブリング12時間の開催延期を決定。第3戦ロングビーチも主催者が延期発表

©株式会社サンズ

 3月12日、北米スポーツカーシリーズを運営するIMSA国際モータースポーツ協会は3月18~21日に予定されていたウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦セブリング12時間の開催を延期することを正式発表した。また、4月17~19日に開催予定の第3戦ロングビーチについても、主催者であるロングビーチ・グランプリ協会から延期のアナウンスがなされている。

 アメリカ・フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイで毎年3月に行われてきた伝統の耐久レースが、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行の影響を受けることとなった。

 シリーズは木曜日、モービル1がタイトルスポンサーを務める第2戦セブリングを来週末に行うことを断念し、11月11~14日に延期するとアナウンス。この決定はWEC世界耐久選手権が同じ週末に、同じトラックで開催を予定していたセブリング1000マイルのレースをキャンセルしたわずか数時間後に行われている。

 開催延期を通知した声明のなかで、IMSAはヨーロッパからアメリカへの渡航禁止令が「多数のドライバー、チームおよび、主要な人員の参加を妨げた」と述べ、トランプ大統領が11日に発表した移動制限が延期を決定づけたとしている。
 
 この渡航禁止令は、アメリカ国籍を持たない人々がイギリスを除くヨーロッパ26カ国からアメリカへの移動を禁止するもので、13日(金)0時から30日間に渡って実施される。

■4月の第3戦ロングビーチにも新型肺炎の影響が波及

 12日午後、ロングビーチ・グランプリ協会がステートメントを更新。カリフォルニア州のロングビーチ市街地で予定されていたNTTインディカー・シリーズと、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の併催イベントが4月17~19日に行われないことが確認された。

 これはロングビーチ市が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、4月30日まで大規模なイベントの開催を禁止する措置に基づくもの。同市では250人以上の参加者が見込まれるすべてのイベントが禁止され、これにはすべての社会活動、精神活動、レクリエーション活動、ビジネス活動が含まれる。
 
 2019年のアキュラ・ロングビーチ・グランプリは3日間で、延べ18万7000人が来場していた。

 現時点でロングビーチ・ラウンドの振替日は発表されておらず、Sportscar365では最終的にはキャンセルされる可能性が高いと理解している。なお、11月にリスケジュールされたセブリング12時間は現在のところ、2020年シーズンのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権最終戦となる見込みだ。

インディカー・シリーズとの併催イベントであるロングビーチ・グランプリも開催が延期に。こちらは振替日が決定していない。