東証暴落、止まらぬ動揺 投資家の反応は… 「どこまで落ちるか」「今が買い時かも」

©株式会社神戸新聞社

暴落する日経平均株価を示す野村証券神戸支店前の株価ボード。神戸・三宮センター街を往来する人も足を止めて見つめた=13日午前、神戸市中央区三宮町1(撮影・吉田敦史)

 「パンデミック(世界的大流行)」にまで広がった新型コロナウイルス感染症への危機感から、バブル経済末期以来となる約30年ぶりの下げ幅を一時記録した13日午前の東京株式市場。前日の米ニューヨーク株式市場の暴落の波が押し寄せ、アジア株も軒並み大幅に下落し、動揺が止まらない。個人投資家からは「どこまで下がるのか」とさらなる株価下落を懸念する声が聞かれた。

 13日午前、神戸・三宮センター街にある野村証券神戸支店。5、6人が立ち止まり、同支店前の株価ボードを見つめた。

 兵庫県明石市の70代男性は「この状況だからどうしようもない」とため息をついた。「企業が傾いていくのをただ見ているしかない。これ以上、下がらないことを祈っているが、まだまだ下がりそうな予感がする」と株価ボードをにらんだ。「この状況で、もし東京五輪・パラリンピックも中止や延期になれば、もうどこまで落ちるかわからない。今はとにかく待つしかない」と心配そうだった。

 一方、神戸市中央区で働く60代の会社員男性は「かなり下がってきているので、今が買い時かもしれない」と強気の見方を示したが、「今後、どこまで下がるか判断が難しい。きょう株を買おうかと思って見ていたが、午後からの様子も見て検討する」と話した。

 高校生の頃から株取引を始めたという同市西区の80代女性は「こういう大きなことが起こって株価が変動すると、各企業の力がよくわかる」と話す。「昔はもっと安い時期もあった。そのときからするとまだ高く感じる。まだ買おうとは思わないかな」と冷静に話した。(中村有沙)