「なんで既読無視するの!?」女性が男性からのLINEをスルーする真意とは

©ytvメディアデザイン

俳優・古川雄輝が主演を務める連続ドラマ『LINEの答えあわせ~男と女の勘違い~』(読売テレビ、毎週土曜 深夜0時58分~)の第6話が、2020年3月7日(土)に放送されました。

本作は、『東京カレンダーWEB』で累計2,000万PVを獲得した大人気連載『LINEの答えあわせ』の実写版。男女7人のLINEにまつわる恋愛模様を、男性側・女性側それぞれの目線から描き、そのエピソードから恋愛を成功に導くヒントを指南してくれる新感覚の恋愛実践トレーニングドラマです。

安井司(古川雄輝)の恋模様が描かれる第6話は、放送前からSNSで大きな反響を呼んでおり、「安井社長の恋愛が気になります」「大阪の試写会からずっと楽しみにしていた6話がいよいよやっと見られる!」と、視聴者も大注目の回となっていました。

■第6話のあらすじ

ITベンチャー企業の若き社長として活躍する安井司(古川雄輝)は、沙羅(筧美和子)にフラれて傷心中。そんな中、会社の後輩・牧田(長村航希)から「LINEの墓場を掘り起こしましょう」と提案される。最近連絡を取っていない女性に「元気?」とLINEをすれば、関係が復活するかもしれないという理論だ。

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

牧田の助言通りに思いつく女性にLINEを送る決意をする安井は、以前、取引先の会社の受付で出会った彩(蜂谷晏海)を思い出す。彩にLINEを送るとすぐに返信が来て、とんとん拍子で話が弾み、複数人で飲みにいくことに。彩との約束を取り付け、浮かれる安井のもとに元カノの梨花(瀬戸さおり)からもLINEが届く。梨花はすでに結婚をしていたが、「久しぶりに会いたい」とメッセージを送ってきた。2人の女性から言い寄られ(?)、「モテ期到来」と、一気にテンションが上がる安井だった。

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

彩を交えた飲み会の当日、安井は彩と2人きりで話すことに成功する。日本酒の話題で盛り上がったことから、「美味しい日本酒を飲みに行かない?」と誘うと、すんなりOKが出てさらに浮かれてしまう。

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

3日後、元カノの梨花と再会。何年も会っていないのに懐かしい感覚を覚える安井は、かつての彼女に“心の落ち着き”を感じるのだった。梨花から「今は、彼女はいないの?」と聞かれ期待するが、左手の薬指に光る指輪が目に入る。旦那とうまくいっているのか、いないのか梨花の現状を知りたいが、勇気が出ず聞けない……。とっさに出た言葉は、「……綺麗になったね」だった。まんざらでもない反応をした梨花から、「司もかっこよくなったね」と言われ、強い手応えを感じる。

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

彩と梨花、2人の女性の間で揺れ動く安井。しかし、その後LINEを送っても、どちらからも返事が来ることはなかった……。一体なぜ!?

■気になる第7話は?

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

アパレルメーカーで働く新見恵理乃(大西礼芳)は、仕事は順調だがプライベートでは恋人もおらず、物足りない日々を過ごしていた。そんな中、マッチングアプリでTという男性からメッセージを受け取る。Tは、以前に料理教室で会った徳川(眞島秀和)だった……。

読売テレビ公式無料動画『ytv MyDo!』では、3月15日(日)深夜0時57分まで配信中。彩と梨花はなぜ既読スルーをしたのか……? そこには女性ならではの感情があった。同性ならきっと納得ができる、その理由とは? ぜひ、チェックしてみてくださいね!(文/にしかわゆかこ)

【画像】
※ Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会