東洋大、授業開始日を延期

4月20日から どうなる新歓

©TOYO Press

相澤一朗

TOYO Press Editor

相澤一朗

TOYO Press Editor

東洋大学とメディアの「今」を自然体で発信していきます。

相澤一朗の記事一覧を見る

 東洋大学は13日までに、新型コロナウイルス感染症緊急対策委員会の会議を開き、4月の授業開始日を6日から2週間延期して20日にすると決めた。新年度の手続きなど、行事予定を変更する。

 変更されることが決まったのは、新入生の就学手続きと在学生の進級手続き、各ガイダンス、健康診断、履修登録などの行事。詳しいスケジュールは未定だが、実施日の2週間前までに告知するとしている。

新歓は未確定

 就学手続きが延期されることで、体育会やサークルの新入生歓迎(新歓)活動にも影響が出そうだ。大学関係者によると、新歓活動については今後各キャンパスごとに対応する見込みという。現時点では確定できていないが、中止や延期となる可能性もある。

 在学生に対しては当初、今月24日まで課外活動などを自粛するよう要請していたが、31日に延長した。今後感染の拡大が続けば再延長の可能性もあり、その場合は18日までに伝えるとしている。

 他大学ではすでに、課外活動を中止する動きも出ている。早稲田大は新歓活動も、授業開始日まで中止すると明らかにしている。