祝!チバニアン認定!

©株式会社VOTE FOR

今年1月に国際地質科学連合で「チバニアン」が正式に認定され、地質年代に初めて日本の地名が刻まれました。

■チバニアンとは
マンモスが繁栄した新生代第四紀更新世中期(約77万4千年~12万9千年前)には、これまで名前が付いていませんでした。しかし、市原市田淵の地層が模式地となり、この期間を「チバニアン」(千葉時代)とすることが国際的に認められました。

■「千葉の地層10選」
これを機に地層への関心をより一層高めていただこうと、チバニアン認定の決め手となった市原市田淵の地層など、特色豊かな「千葉の地層10選」を選定しました。ぜひ現地で千葉の大地の成り立ちを実感してみませんか。

※実際に現地に行く際は、安全に十分留意してください。
※10選とありますが、千葉県には魅力的な地層が多いため、11箇所選定されました。