バカリズムの暴走に1万7000人が熱狂!「マジ歌ライブ2020」まさかのご本人登場も!?

©株式会社東京ニュース通信社

バカリズムの暴走に1万7000人が熱狂!「マジ歌ライブ2020」まさかのご本人登場も!?

毎週土曜深夜に放送中のバラエティー番組「ゴッドタン」(テレビ東京ほか)の人気企画「芸人マジ歌選手権」。そのライブイベント「ゴッドタン マジ歌ライブ2020~さいたまスーパーアリーナに行きつきました~」が、2月13日に埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催されました。

おぎやはぎ・小木博明と矢作兼、バナナマン・設楽統、東京03・飯塚悟志、豊本明長、松丸友紀アナウンサーがMC席で見届ける中、次々と出演者が登場! 今回は、バナナマン・日村勇紀、東京03・角田晃広、ダイノジ・大地洋輔、EXIT・りんたろー。と兼近大樹、バカリズム、フットボールアワー・後藤輝基、ロバート・秋山竜次、ハライチ・岩井勇気、劇団ひとりが自慢の歌を披露しました。さらに、サプライズゲストも登場し、大盛り上がりだったライブの様子をお届けします!

巨大なスクリーンに“満員御礼“の文字が映し出され、MC陣も着席すると、7色のレーザー光線が放たれ、ステージにはヒム子ことバナナマン・日村が姿を現し大歓声が! おなかにハートマークを付けたセクシー(?)な衣装で、おなじみの「了解です」を完璧なダンスも交えてパフォーマンスしました。

続いてスタンド席にスポットライトが当たると、そこにいたのはハライチ・岩井! 客席の間の階段を下りてステージへ向かう姿にアリーナは大興奮。ハライチ・澤部佑と共に芸能界への文句を歌った「やめちまえよ」と「逃がさねぇからな」を披露。さらに、サンシャイン池崎やはんにゃ・金田哲も登場し、観客を魅了しました。

バカリズムは「ありのままで」と「恋のパステルカラー」の2曲で勝負。1階席の間を移動するトロッコに乗って手を振りながら歌う姿は、まるでアイドルのコンサートのようでした。しかし、下ネタを連発するバカリズムの暴走は止まらず、ついにMC陣から「あいつやりたい放題だな」と総ツッコミ! 会場は一気に笑いに包まれました。

ロバート・秋山は、相方・山本博出演の「孤独のグルメ」を思わせる「孤独のエステ」の映像と共に、「シルクロード」を披露。さらに「UTSUBO」ではゴールデンボンバー・鬼龍院翔がサプライズで登場し、どよめきが起こる中で「女々しくて」の替え歌を歌い上げました。

何やら宇宙や月をイメージさせる音楽が流れると、「待ってました」と言わんばかりの歓声が。MC陣から「超ダサい登場」と野次が飛ぶ中、完全にカスタマイズされたギターを持ってステージに現れたのは、フットボールアワー・後藤。「お前ら聴きたいかー!」とあおり、「宇宙ドライバー」と「テクノロジーザス」の2曲でファンを楽しませました。

本編ラストは劇団ひとり。山田邦子に扮(ふん)した松丸アナが登場すると大爆笑が起こり、2人の世界初披露の新曲を見た会場のボルテージは最高潮に! 貫禄のパフォーマンスで本編最後を飾りました。

アンコールの拍手に応えるように、再びステージへ上がった出演者たちの前には、即興曲の天才・眉村ちあきの姿が! 朝日奈央と師弟関係にあるバカリズムとの関係をしっとりと歌うと、朝日の目には光るものが…。そして、日村と眉村のデュエットで、昨年12月24日に元でんぱ組.Inc・夢眠ねむさんと結婚したバカリズムを祝うと、客席から「おめでとう」という祝福の声が届けられました。

次から次へと名曲(迷曲?)によるステージが繰り広げられた今回の「マジ歌選手権」。過去最大規模の会場で1万7000人が熱狂しました。終了して駅に向かうファンの皆さんから「1年に1回じゃ物足りない…」という声も聞こえるほどだったので、佐久間宣行プロデューサーにぜひご検討いただきたいですね(笑)。なお、このライブの様子は3月14日、21日に「ゴッドタン」で放送されますので、来場した方も、そうでない方もこの熱いライブをぜひお楽しみください!

【番組情報】


「ゴッドタン」
テレビ東京ほか
土曜 深夜1:45~2:10

テレビ東京担当 岡安楓