コロナ対策、自治体間の連携協議

関西広域連合、マスクの融通も

©一般社団法人共同通信社

神戸市で開かれた関西広域連合の会合=15日午後

 関西広域連合は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今後の対応や連携策を協議する会合を神戸市で開いた。全国的に不足しがちなマスクや防護服などを自治体間で柔軟に融通し合い、限られた資源を有効活用して感染封じ込めを目指す方針を確認した。

 広域連合長を務める兵庫県の井戸敏三知事は冒頭のあいさつで「ここ数日の間、兵庫県や大阪府などで多くの感染者が確認されており対応が求められている」と指摘。感染源の特定など、各自治体が得たノウハウを共有する必要性を強調した。

 感染者増加で病床が不足する場合に備え、他府県の病院での受け入れに向け調整することも確認した。

関西広域連合の委員会で発言する井戸敏三兵庫県知事=2019年5月、大阪市