免疫力向上にも期待が持てる 初心者でも作れる「保存食」 

©株式会社ジェイ・キャスト

新型コロナウイルスの感染が拡大し、さま様なイベントが中止になってしまった。時間があっても外出は避けなければいけないし、病気にもかかりたくはない。主婦の友社より新装復刊された料理本『新装版 梅干し 漬物 保存食』は、免疫力を高めるのに期待がもて、なおかつ保存も効くのでたくさん作っても大丈夫な、この時期にぴったりな保存食の作り方を紹介している。

写真は、『新装版 梅干し 漬物 保存食』(主婦の友社)

『新装版 梅干し 漬物 保存食』(主婦の友社)は、人気の保存食とそれを使ったレシピ全155品を収録している。親子で作れるジャムなど、家族で家に籠っているときに作りたいレシピも多数。煮沸消毒の方法や脱気方法、保存に関する基礎知識も丁寧に解説しているので、初心者でも心配ない。もちろん保存食なので、もし作りすぎてしまっても大丈夫だ。

保存に関する基礎知識も丁寧に解説

本書の著者は料理家の脇雅世さん。1977年に渡仏し、現地で学んだ経験を持つ。多くの著作を持っているほか、雑誌やテレビ、キッチングッズのプロデュースなど、幅広い分野で活躍している。2014年にはフランス農事功労賞を受勲した。

手軽に漬けることができる白菜漬けやぬか漬けなど、定番のレシピも多く紹介している。白菜漬けは、白菜と塩と赤トウガラシのたった3つの材料を、4~5日漬けるだけで完成するそうだ。

白菜漬けは、白菜・塩・赤トウガラシだけで作ることができる
写真は、白菜漬け
写真は、ぬか床にキュウリを漬け込むところ

1年間ほど日持ちするショウガやレンコンの酢漬けや、子どもと一緒に作って楽しいジャムのレシピも紹介。パンチェッタやコンフィなど、世界の人気の保存食のレシピも満載だ。

写真は、ショウガ・レンコンなどの甘酢漬け
写真は、いちごジャム
写真は、パンチェッタ

家で過ごす時間を有効に使うことができ、なおかつ免疫力の向上にも期待が持てる保存食の調理。家族で一緒に作るのもいいかもしれない。

  • 書名:新装版 梅干し 漬物 保存食
  • 監修・編集・著者名: 脇雅世 著
  • 出版社名: 主婦の友社
  • 出版年月日: 2020年3月13日
  • 定価: 本体1480円+税
  • 判型・ページ数: AB判・128ページ
  • ISBN: 978-4074415953

(BOOKウォッチ編集部)