カンちゃんとビンちゃんのエコは了解!

©株式会社VOTE FOR

■リチウムイオン電池を処分するときの巻
ビンちゃん:カンちゃん、「リチウムイオン電池」って知っとるか?
カンちゃん:知っとるで。携帯電話(スマートフォン・タブレットを含む)・デジタルカメラの電池やらモバイルバッテリー、加熱式たばこ・コードレスタイプの掃除機・電動アシスト自転車のバッテリーなんかに使われとんやろ。
ビンちゃん:そうや。こんなリサイクルマークが付いとって、リチウムイオン電池のほかに「ニカド電池」や「ニッケル水素電池」なんかもあるんや。
ビンちゃん:ほんなら捨て方は知っとるか?
カンちゃん:乾電池みたいに中身の見える透明な袋に入れて燃やさないごみの日にごみステーションに出したらええんやろ。
ビンちゃん:カンちゃん、それは間違いなんや。近頃、全国でリチウムイオン電池による発火事故が多発しとって、福知山市でも環境パークやごみ収集車で発火したことがあるんや。リチウムイオン電池は、破損・変形することで発熱・発火する危険性が高いんや。そやさかい、環境パークでは回収・処理できへんで、絶対にごみステーションには出さんといてほしいんや。
カンちゃん:そうやったんか。知らんかったわ。ほんならどうやって捨てたらええんや?
ビンちゃん:携帯電話やデジタルカメラの本体は燃やさないごみで出せるけど、中に入っとるリチウムイオン電池は、家電販売店なんかに回収ボックスが置いてあるでそれを利用してほしいんや。回収ボックスの設置場所は一般社団法人JBRCのホームページを見たら出とるで。
【URL】https://www.jbrc.com/
カンちゃん:わかった。リチウムイオン電池は、ごみステーションに出したら危険なんやな。回収ボックスを利用するようにするわ。了解!