共に暮らす社会PR 二つの条例、県が動画とパンフで紹介

©福島民友新聞株式会社

障害への理解などをアピールする動画

 県は、「障がいのある人もない人も共に暮らしやすい福島県づくり条例」「福島県手話言語条例」の二つの条例内容をPRする動画とパンフレットを作り、公開している。

 両条例は、昨年4月に施行された。動画では、共生社会をPRするオリジナルキャラクター「ともたろう」と、トリ、サル、イヌをモチーフにした仲間たちが登場し、障害の特性や障害者への対応、不当な差別の具体例などを説明している。

 また「こんにちは」「ありがとう」など簡単な手話を紹介している。

 動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」の県公式チャンネルから見ることができる。パンフレットのデータは、県ホームページの障がい福祉課のページからダウンロードできる。