辺野古関与取り消し訴訟、沖縄県の敗訴、確定へ 最高裁、弁論開かず

©株式会社沖縄タイムス社

辺野古埋め立て工事の計画変更の概要

 名護市辺野古の新基地建設を巡る「国の関与」取り消し訴訟で、最高裁は16日までに、県側の上告に対する判決を26日に言い渡すことを決めた。国側の勝訴となった一審福岡高裁那覇支部判決を見直すために必要な口頭弁論を開かないため、県側の敗訴が確定する見通しだ。