清原翔、北大路欣也ら「アライブ」キャストがクランクアップ。最終回、2人の女性医師のラストは?

©株式会社東京ニュース通信社

松下奈緒が主演、木村佳乃が共演するフジテレビ系連続ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」(木曜午後10:00)で、腫瘍内科の研修医・結城涼役の清原翔、同じく研修医・夏樹奈海役の岡崎紗絵、その腫瘍内科で治療を受ける乳がん患者・佐倉莉子を演じた小川紗良、主人公・恩田心(松下)の義父・恩田京太郎を演じた北大路欣也と、心の息子・漣を演じた桑名愛斗が、それぞれクランクアップを迎えた。

ドラマは、日本のテレビドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にし、圧倒的にリアルながん治療の現状を取り扱う、医療ドラマとして全く新しい意欲作であると同時に、腫瘍内科医の心と、消化器外科医の梶山薫(木村)という2人の女性医師を中心に、がん治療の最前線で闘う医師と患者の姿を、あふれるほど情感豊かに描いてきたメディカル・ヒューマンドラマ。

岡崎の最後のシーンは、進路を決めて医師として歩み始めたシーン。「岡崎紗絵さん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手とともに、松下から花束が贈られた。続いて、清原と小川の最後の撮影は、2話以来の私服で登場するシーン。最後のカットを撮り終えると、髙野監督から花束が贈られた。

クランクアップのスタッフからの声がけに、清原はガッツポーズ。すると花束を持った松下がサプライズで登場。スタッフから「きよ様!」の声が飛び交う中、松下の登場に驚く清原へ花束が手渡された。清原は「セリフが少なく、とても難しい役だと思っていましたが、最後まで楽しんで演じることができました。皆さんのおかげで“結城涼”が出来上がったと思います。今、このドラマのメッセージでもある、“生きる幸せ”を実感しています。ありがとうございました!」とあいさつした。

一方、最後のカットを撮り終えた北大路には、盛大な拍手とともに松下から花束が贈呈。役作りにおいて、髪形を自身初となる“かき上げヘア”にして挑んだ北大路は「初めて演じた役柄で戸惑いもありましたが、慣れてきたかなと思ったら終わりを迎えて寂しいです。ドラマの中の家族たちに支えられ、励まされ、時にかわいい孫の漣くんに鍛えられながら、撮影することができました」と感慨無量。

そして、桑名のラストの撮影は、桜が舞う中、進級した漣が友達と登校するシーン。最後のカットを撮り終えると、“心ママ”がサプライズで登場。この日は午後からの撮影予定だった松下だが、“最愛の息子”のために予定を早めて収録現場に駆けつけた。桑名は「撮影楽しかったです! ありがとうございました!」と笑顔であいさつ。そして、桑名からもサプライズプレゼントとして、松下や監督らに直筆の手紙を渡し、現場には満開の桜のような笑顔が咲いた。

3月19日の最終回では、心と薫、そしてそれぞれの医師たちに、変革と旅立ちの時が訪れる。心と薫は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼し合える関係を築いた矢先、乳がん手術から5年目の検査で、薫のがんの再発が判明。その告白を受けた心は、2人で乗り越えようと誓い合うが、薫の病状は重く、手術は難しい。それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。