茶摘みに忙しい農家 湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州

©新華社

茶摘みに忙しい農家 湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州

7日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市隘口村の茶畑で茶摘みを行う茶農家。(湘西=新華社配信/劉振軍)

 【新華社長沙3月16日】中国湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州では二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」を過ぎると、気温が徐々に上がり、古くから伝わる茶の品種「湘西黄金茶」の収穫に最適な時期を迎える。茶農家らは茶畑で茶摘みに忙しい日々を過ごす。(記者/張玉潔、陳思汗)

茶摘みに忙しい農家 湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州

7日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市隘口村の茶畑で茶摘みを行う茶農家。(小型無人機から、湘西=新華社配信/劉振軍)

茶摘みに忙しい農家 湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州

7日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市隘口村の茶畑で茶摘みを行う茶農家。(小型無人機から、湘西=新華社配信/劉振軍)

茶摘みに忙しい農家 湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州

7日、湘西トゥチャ族ミャオ族自治州吉首市隘口村の茶畑で茶摘みを行う茶農家。(小型無人機から、湘西=新華社配信/劉振軍)