ソフトバンク、リチャードを支配下登録 背番号52 沖縄尚学高出身

©株式会社沖縄タイムス社

ソフトバンクのリチャード

 ソフトバンクは16日、育成選手のリチャード内野手(20)、尾形崇斗投手(20)と支配下選手契約を結んだ。ともにプロ入り3年目でリチャードの背番号は52、尾形は39となった。

 沖縄尚学高出身のリチャードは189センチ、112キロの巨漢。2017年に育成ドラフト3位で指名された。砂川リチャードから登録名を変更した今季、オープン戦で2本塁打、二塁打3本の4打点。22打数6安打の打率2割7分3厘だった。

 人気選手だった川崎宗則氏がつけた番号を背負うことに「川崎さんのような愛される選手になれるように頑張りたい」と満面の笑みで意気込んだ。

 宮城県出身の尾形は福島・学法石川高から育成1位で入団した。今季はオープン戦5試合で計11回を無失点。速球が持ち味で「登板した時に相手に絶望感を与えるような投手になりたい」と表情を引き締めた。