登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

©新華社

登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

12日、湖南省長沙市長雅中学の教壇を消毒する作業員。(長沙=新華社記者/陳沢国)

 【新華社長沙3月17日】中国湖南省長沙市開福区では現在、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制のため、各小中高校は計画に基づきインターネットを利用したオンライン授業を行っている。教室での授業再開に向け、学校では校内の消毒や学生寮の準備、赤外線検温ゲートの設置のほか、消毒液やマスク、ハンドソープなど感染対策物資の備蓄を進めている。

登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

12日、湖南省長沙市長雅中学の教室を消毒する作業員。(長沙=新華社記者/陳沢国)

登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

12日、湖南省長沙市長雅中学でオンライン授業用の動画を撮影する教師。(長沙=新華社記者/陳沢国)

登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

12日、湖南省長沙市長雅中学でオンライン授業用の動画を撮影する教師。(長沙=新華社記者/陳沢国)

登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

12日、生徒の宿題の進捗状況と感染予防のための注意事項について、学級のグループチャットで保護者と連絡を取り合う湖南省長沙市長雅中学の教師。(長沙=新華社記者/陳沢国)

登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

12日、湖南省長沙市長雅中学の校門で、赤外線検温ゲートの感度を検査する作業員。(長沙=新華社記者/陳沢国)

登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

12日、湖南省長沙市長雅中学の廊下を消毒する作業員。(長沙=新華社記者/陳沢国)

登校再開に備え消毒など感染対策実施 湖南省長沙市

12日、湖南省長沙市長雅中学の食堂を消毒する作業員。(長沙=新華社記者/陳沢国)