西湖竜井の新茶、間もなく出荷 ライブコマースが後押し

©新華社

西湖竜井の新茶、間もなく出荷 ライブコマースが後押し

  

 【新華社杭州3月17日】中国では茶葉の販売は主に実店舗で行われており、浙江省で栽培されている有名な西湖竜井(ロンジン)も、以前は80%が実店舗で販売され、電子商取引(EC)は20%にすぎなかった。今年は新型コロナウイルス感染流行の影響により店舗販売が厳しい状況に直面したことから、一部の茶農家はオンラインに方向転換し、新たな販売ルートを開拓している。

 データによると、電子商取引(EC)サイト「天猫(Tモール)」での今年の西湖竜井の予約販売は前年同期比約4割増となった。うち主要生産地と重要ブランドは伸びがより大きく、前年同期比60%から70%増となっている。(記者/夏亮、李濤)