アメリカからきた シドニーです… (7)

©株式会社VOTE FOR

南房総市国際交流員
文・訳 シドニー・デボア

■ビジネスとユーモア
アメリカに帰るとき、最初に気づくのはお店の店員さんとの会話です。日本では、スターバックスやカフェに行くと、「かしこまりました」や「お渡しします」などのとても丁寧な表現やお決まりのフレーズが出てきます。敬語を使って、お客様を神様のような扱いをするのはサービス業の基本です。大きな企業でも、小さなカフェでも同じです。でもアメリカに行ったら、店員さんはフレンドリーな言葉で冗談を言いながら注文を受けてくれます。敬語よりもタメ口で喋ってくれます。それはなぜでしょうか?アメリカの店員さんは全員失礼なわけではないです。逆に、アメリカでそのカジュアルさがこの場合では丁寧さと言えます。知らない相手でも、ふざけて軽い冗談を言います。スーパーに行って、レジの店員さんは「コーラをいっぱい買っているね。今夜はパーティーなの?」とか言います。
日本人にとっては、この態度は馴れ馴れしいと感じるかもしれませんが、あなたと繋がりたくてやっています。それがアメリカ人のおもてなしとも言えるかもしれません。ユーモアは丁寧さの一つだと思われています。いつかアメリカで買い物をしたら、その何気ないカジュアルさをアメリカの文化の一部として楽しんでもらえば私も嬉しいです。

■Business and Humor
Whenever I go home to America, the first thing I notice is the interactions I have with store clerks. In Japan, when you go to Starbucks or a café, you’re greeted with super polite expressions and set phrases like“ Certainly“ and“ I will now hand this back to you“. Using keigo and treating the customer reverently are basic Japanese service practices. That’s the same for big companies or little cafés. However, in America, store clerks take your order with casual language while joking around with you. They speak with a very casual tone. Why is that? It isn’t that all store clerks in America are rude. Rather, in this context in America, this casualness can be said to be polite. Even with people they don’t know, they joke around lightly. If you go to the grocery store, the person at the register might say something like“ That’s a lot of soda. You having a party tonight?“
From a Japanese perspective, this attitude might come off as overly friendly. But really, it’s just that peoplewant to connect with you. Perhaps this can be called a sort of American omotenashi. Humor is considered an aspect of being cordial. If you ever find yourself out shopping in America, I’ll be happy if you can enjoy that simple casualness as a part of American culture.