付加年金で将来の年金額を増やせます

©株式会社VOTE FOR

国民年金には、将来受け取る老齢基礎年金を増やしたい方のために、付加年金の制度があります。
申し込んだ月の分から、国民年金の定額保険料に加えて付加保険料(月額400円)を納めると、老齢基礎年金の年金額に上乗せして支給されます。

対象:国民年金第1号被保険者または任意加入被保険者
※保険料の全額・一部免除、納付猶予、学生納付特例を受けている方、国民年金基金加入者を除く
持ち物:
(1)マイナンバーカード等(マイナンバーが確認できるもの)または年金手帳
(2)本人確認書類
(3)認め印
付加年金額の計算式:付加保険料(400円)を10年(120月)納付した場合
・納めた付加保険料総額…400円×10年(120月)=4万8千円
・毎年受け取れる付加年金額…200円×10年(120月)=2万4千円
年2万4千円の付加分が老齢基礎年金の年金額に上乗せして支給されます。受け取り始めて2年を越えると、納めた付加保険料総額を上回る計算になります。

申し込み:保険年金課国民年金係(市役所1階)