第39回 久御山町青少年の主張発表会(3)

©株式会社VOTE FOR

◆地球を守るために私たちができること
久御山中学校1年
Iさん

以前、授業で地球温暖化の話を耳にし、自分たちが地球温暖化を防ぐために、できることは何かを考えてみたいと思いました。
まず、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を減らすために、私たちができることは、車の使用を減らすことです。私は友人との買い物には、公共交通機関を利用するようにしています。

次に、ごみの増加を防ぐことです。私の学校では給食の配膳を意識し、食べ残しが出ないよう気をつけています。家庭では、「3R」である、リデュース・リユース・リサイクルを意識することが大切です。私の家庭では、着られなくなった服を買取店に売ったりして「3R」を心がけています。

私たちの生活は、地球環境に大きく影響しています。「地球温暖化を止めたい」という意志を持つことで、地球のためにできることはたくさんあります。この地球は、地球に住む生物みんなのものです。それぞれが責任を持って行動することで、地球温暖化を食い止めることにつながっていくのです。生活の身近な所から、見直してみませんか。

◆持久力
久御山中学校2年
Aさん

私は1学期に学級委員をしました。リーダーとしてクラスをまとめることにやりがいを感じ、率先して駐輪場に止める自転車の置き方についての取組を行いました。
駐輪場は幅が狭く自転車を止めるには苦労します。スムーズに自転車が置けるよう学年集会で話をし、生活委員と協力して朝の声かけをしました。取組は成功し、できることからコツコツとやることの大切さを感じました。

しかし、取組が終わると、だんだんと以前の姿に戻ってしまいました。このことから「持久力」が必要だと思いました。楽しい毎日にするためには、自分だけがいいのではなく、みんなが楽しさを感じられるよう一人ひとりが意識した生活を継続することが大切です。楽しく安心・安全にすごせるための「持久力」を保てるようにしていきたいです。

私は、今回生徒会本部役員になったので、全校のみんなのことを考え、取り組んでいきたいと思います。久御山中学校を良くするために、楽しい私たちの毎日を保つために「持久力」を高めていきたいと思います。

◆最高な久御山中学校へ
久御山中学校2年
Fさん

私は久御山中学校で生徒会長をしています。今でも最高の学校ですが、もっと久御山中学校を最高な学校にするためにしたいことが三つあります。

一つ目は全校生徒の意見を取り入れ、みんなにとって楽しい学校をみんなでつくっていくことです。全校生徒の意見を取り入れることで、みんなにとって充実した学校生活になるからです。

二つ目は全校生徒の笑顔をさらに増やし生徒も先生も笑顔になる。そんな笑顔があふれる学校にすることです。笑顔あふれる学校にするには、自分からあいさつをして、たくさんの人と会話することが必要だと思います。

最後は、私たちを支えてくれている人に感謝することです。当たり前だと思っていることでも、知らない所で苦労している人は必ずいます。ありがとうやお疲れさまなど感謝の言葉を言うことで気持ちが伝わると思います。

今すぐ全てを実現し最高な学校にすることは難しいと思いますが、生徒会本部が率先して行動し、全校生徒をより良くしていきたいです。

◆合唱の素晴らしさ
久御山高校1年
Nさん

「合唱は素晴らしい」ものだと思います。
私が合唱を習い始めたのは、小学校4年の頃でした。合唱団に入団して、いろいろな歌を練習し、はじめのうちは取れなかった音程や、覚えるのが大変だった外国の歌詞も音程が取れるようになり、いつの間にか合唱が好きになり、合唱のとりこになりました。

合唱団でいろいろな発表会を経験した中で、私が一番心に残っているのは、音楽の都ウィーンで歌ったことです。そのとき、私はまだ中学1年生で、言葉ではなかなかコミュニケーションを取ることができなかったのに、歌をとおすとすぐに、言葉の壁を乗り越え気持ちをつなぐことができました。話す言語は全く違うのに、歌うことで一つになれ、言葉は関係ないと実感しました。

歌はコミュニケーションの有効なツールの一つだと思います。歌詞の意味が分からなくても、その曲の響きで、人の心に語りかけられます。このことを気づかせてくれたのは合唱でした。合唱の素晴らしさをできるだけ多くの人に伝えるために、これからも合唱を続けていこうと思います。